エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

クリント・イーストウッド、俳優引退し監督業に専念へ


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


米俳優のクリント・イーストウッド(78)がこのほど、米ロサンゼルスでスポニチ本紙の単独インタビューに応じ「もう積極的に役は探さない」と、実質的な俳優引退宣言を行った。

「今後は監督業に専念したい」と話し、4月25日に日本で公開される監督・主演作「グラン・トリノ」が最後の出演作品になる可能性が出てきた。同作は全米でも大ヒット。日本でも“大スターの引退作”として注目を集めそうだ。

1959年に米CBSで放送がスタートしたテレビ西部劇「ローハイド」でスターになってから50年。イーストウッドの口から“引退宣言”が飛び出した。

「もう積極的に自分が演じる役を探すことはしない。いまの映画の役は、みんな若い役者向けに書かれているから」。1メートル88の巨体を椅子に沈めて、穏やかな口調で話した。映画に出演するのは、04年に米アカデミー賞の主演男優賞候補になった「ミリオンダラー・ベイビー」以来4年ぶり。「監督だけをやっていこうと、ここ何年も思ってきた。でもこの“グラン・トリノ”の頑固な元軍人役にはひかれたんだ」と笑った。

アジアの少数民族の移民の青年との交流を通し、心を開いていく朝鮮戦争経験者役。「“ジェネレーション・ギャップ”に興味がある。僕たちの世代が若い人とどう付き合っていくべきか、この作品を通して考えてもらえればうれしい」と話した。惜しくもアカデミー賞の候補にはならなかったが、批評家からは「イーストウッドの新境地」と、その演技は高く評価された。ただ「人と賞を争うのは、もういいよ。席でじっと発表を待っているのもいやだしね」と、演技での賞レースから撤退の意向も表明した。

「ダーティハリー」などの型破りなアクションで世界を魅了してきたイーストウッドだが、90年代には入ってからは監督としての手腕を発揮。「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」で、米アカデミー賞作品賞、監督賞の同時受賞を2度も達成している。

「今後は監督業に専念するよ」とあらためて宣言。新作は南アフリカのネルソン・マンデラ氏を題材にしたもの。その準備のため今作での来日は難しそうだが「“ローハイド”の時代から支えてくれている日本のファンには感謝している。少し先になるかもしれないけど必ず行く。保証します」と、再来日を約束してくれた。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000046-spn-ent
[ 2009/03/30 10:57 ] 俳優・女優 | CM(0)
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。