エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

財前直見、NHK連続ドラマ「フェイク 京都美術事件絵巻」で主演に


女優の財前直見さんが6年ぶりドラマ主演に意欲
財前直見
女優としてキャリアをかさねていく中で幅と深みが増した感じがします。
コミカルからシリアスまで存分に役をこなせるのは強みですね。

財前直見さんから感じるスカッとしたところやけれんみの無さ、
これが魅力を感じずにはいられない最大の理由なのかもしれません。

しかし、仮にドラマ自体がアレではどうにもなりませんが、
NHKの夜ドラマは見ごたえのあるものが決して少なくないように思います。

少し前になりますが、武田鉄也&森山未來の「リミット刑事の現場2」、
続いて放送された、筒井道隆&岸部一徳の「再生の町」、
NHKで連ドラを2作続けてみてしまいました。

今回も安定感と味のある財前直見さんを主役として配しているので
破綻する可能性は低いんではないのかなとは思います。
ただ、これは私見ですので鵜呑みにしないでくださいね。

ドラマを観るか観ないかはご自身の判断ですることが大切だと思います。
私が書いた私見が全てムダになっても良いですし気にする必要はありませんから。

財前直見、京都が舞台のドラマ。フェイクで魅せる


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


女優の財前直見さん(44)が、来年1月から放送されるNHKの連続ドラマ「フェイク 京都美術事件絵巻」で、6年半ぶりに主演を務めることが分かった。

06年12月に第一子となる男児を出産後、初の連続ドラマ出演となる財前さんは「(05年のNHK大河ドラマ)『義経』以来の連続ドラマで、京都での撮影も太秦は21年ぶり。里帰りするような感覚です」といい、今後の撮影に意欲をみせている。

「フェイク」は、京都を舞台に、大学の非常勤講師でたぐいまれな目利きとしての顔を持つ浦沢右(ゆう)が、歴史的な美術品の真贋(しんがん)を見抜き、美術にまつわる人間模様と事件の真相に迫るという1話完結型のドラマ。

財前さんは、海外で美術の専門家「キュレーター」として活躍していたが、とある事情で帰国した地味で人間関係に不器用な40歳独身の右を演じる。撮影は11月4日から太秦の東映京都撮影所や京都近郊で始まる。

NHK大阪制作統括チーフプロデューサーの安原裕人さんは「(主人公の)右は少し浮世離れしたところのある女性。それでいて美術品やそれを取り巻く人間の内面を見通す力を秘めており、財前さんの明るさやユーモア、鋭さといった表情豊かなまなざしは、まさに右に通じるものがある」と起用理由を語っている。

NHK総合で11年1月4日から毎週火曜午後10時放送で、全6回の予定。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101030-00000000-mantan-ent
[ 2010/10/30 11:04 ] テレビ・映画 | CM(0)
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。