エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

内野聖陽、主演ドラマ「臨場」で検視官役に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


俳優・内野聖陽が8日(水)、主演ドラマ『臨場』の会見に共演者らと出席した。連ドラ初の“検視官”を主人公としたドラマに臨む内野は「捜査の花形は刑事さんみたいなところがあって普段日が当たらないけど『検視官なめんじゃねぇ』みたいな話にしたい」と、強い意気込みを語った。

捜査刑事よりも先に事件現場に駆けつけ、初動捜査(=臨場)でその死因や事件性を見極める検視官。横山秀夫氏の同名連作小説を原作に、前クールで絶大な人気を集めたドラマ『相棒』の放送枠を引き継いだ。内野演じる敏腕検視官・倉石義男の部下で、検視補助官役を務める松下由樹が「“観察”って意味では、現場で常に倉石さんを観察しています」と明かすと、全く気づいていなかったと内野を驚かせた。

役作りのため、実際の検視官を取材した内野は、初めてその話を聞いて「あぁ、すごい仕事なんだと思った。きれいな現場ではないし」と素直な感想。高嶋政伸演じる捜査一課管理官との対立も見どころだが、内野は「激しいですよね。実際にある話なので、大事に描いていきたいです」と繊細なテーマを扱うだけに、並々ならぬ想いを語っていた。

会見にはほかに俳優の渡辺大らが出席。ドラマ『臨場』は15日(水)午後9時よりテレビ朝日系で放送開始。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000005-oric-ent
[ 2009/04/09 13:55 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。