エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

稲森いずみ、映画「THE CODE/暗号」ヒロインの悪女役に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


ショッキングな内容とそのテーマも話題の連続テレビドラマ『アイシテル~海容~』で、加害者の母親役を演じ注目されている稲森いずみが、映画『THE CODE/暗号』(5月9日公開)ではヒロインの悪女役に初挑戦している。前者とはまったく異なる“妖しくて悲しく、妖艶”な姿を披露する稲森が、悪女の楽しみと、役柄への挑戦を語る。

「悪い女を演じてみたかったんです」
探偵ものの制作をライフワークとする林海象監督の人気シリーズ『探偵事務所5』。その集大成となる映画『THE CODE/暗号』で、ヒロインの“悪女”美蘭を演じた稲森いずみの開口一番のひと言。いわゆる悪女を演じるのは初体験。海象監督との話し合いのうえで、「妖しくて悲しくて妖艶な感じ」に挑戦した。

◆現実では悪女をやっちゃいけないけど(笑)

海象監督から美蘭役を稲森にやってほしいといわれて、どこかミステリアスに演じられればと思っていました。今までにない役柄だったので、新鮮でしたね。最初は不安もあったんですけど、すごく楽しかったです(笑)。悪女ぶりで、何かを参考にしたということはとくになかったです」

そして、初めて悪女を演じてみて、自身の意外な一面を発見…。

「普段は、悪女はあまりやっちゃいけないけど、映画のなかでは全部OKですから(笑)。演じていて楽しめる役だなって思いました。ピストルを撃ったのも初めてなんですけど、『ヒュー』って叫びたくなるような快感があって、自分でもビックリでした(笑)」

インターネットシネマの先駆けとして2005年からスタートした海象監督の『探偵事務所5』シリーズ。これまでに50作品が制作され、劇場公開作『探偵事務所5”~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語~』では熱狂的なファンの支持を受けた。ファンの間で、その世界観は海象ワールドと呼ばれる。そして、同シリーズに集うキャスト、スタッフも皆、作品と役柄の魅力にとりつかれている。男ばかりが出演している男くさいドラマかもしれないが、稲森はその世界に惹きつけられていた。

「海象ワールドは、シュールな感じと、オトナっぽいファンタジーの世界。でもそんななかに夢があるところがステキです。キャストの方々もカッコいいなって思っていました。スパイっぽい小道具をみるのも楽しいですね。ワクワクする感じです」

◆正直にいうと…、演じるのがホントにつらい

今作で、暗号解読の天才であるクールな主人公・探偵507を演じるのは、歌舞伎界のプリンス・五代目尾上菊之助。舞台では、女形と二枚目の両方を演じる菊之助が、映画出演5作目にして現代アクションに初挑戦する。そんな菊之助との初共演を果たした稲森は、歌舞伎俳優ならではの存在感に驚いたという。そして、その人柄についても語る。

「役に対しても人に対してもすごく真面目で誠実。純粋な人で、紳士ですね。お芝居の部分では、声がすごくキレイで通るので、セリフが心に残るなという印象を受けました。あと、存在感と不思議な色気がすごくあります。やはり歌舞伎の世界で女形を演じているからこそ、もつことができる雰囲気なのかなって思いました」

一方、稲森にとっても今作は悪女役への挑戦になり、また、現在放映中のテレビドラマ『アイシテル~海容~』(日本テレビ系)でも児童殺人事件の加害者の母親という難役にチャレンジしている。今の稲森のなかで“挑戦したい”という心境があるのだろうか。

「『アイシテル~海容~』は、家族もので子供に接するお芝居をしたいと思っていました。突然、ショッキングな事件の加害者の母親になるという、そういう問題をひと事でなく背負ったときにどうなるんだろう、体験してみたいと。『THE CODE/暗号』もそうですが、演じたことのない役をやりたいという気持ちは常にあります。それが今回は、悪女と母親でしたが、今の自分の年齢でしかできない役にうまく出会ってきたと思いますし、これからもまた新しい役が出来るんじゃないかっていう期待があります。そういう作品に出会えたら嬉しいですね」

自ら望んで挑戦している役柄たち…。しかし、稲森が今、開放されたいと思っていることを最後に聞いてみると。

「開放か~、何だろ(笑)。正直にいうと…、(ドラマの)加害者の母親役から解放されたいです。演じているときがホントにつらいんです。でも…がんばります(笑)」

稲森が演じる『THE CODE/暗号』の美蘭は、複雑な運命の歯車と、閉ざしていた自身の心から最後に開放される。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090507-00000022-oric-ent
[ 2009/05/09 11:54 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。