エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ナインティナイン岡村隆史、映画「てぃだかんかん」の主演に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


ナインティナインの岡村隆史(38)が、来年GW公開の映画「てぃだかんかん」(李闘士男監督)で、約8年ぶりに主演を務めることが21日、分かった。

世界で初めてサンゴの産卵に成功した金城浩二さん(38)の物語で、初の父親役に挑戦。コメディー色を封印し、妻役の松雪泰子(36)とともに、感動の夫婦の実話をスクリーンでよみがえらせる。

お笑い界の人気者が、新境地に挑む。
岡村にとって、主演はドラマ、舞台を含めても02年2月公開の日本・香港合作映画「無問題(モウマンタイ)2」以来。その「てぃだかんかん」は、沖縄の美しい海を子供らに見せたいとの思いから、絶滅の危機にひんしたサンゴを独学で養殖、海に移植し、世界初の産卵に成功した金城さん(現在は海中生物の養殖などを手がける有限会社「海の種」社長)の物語だ。「てぃだ-」は、沖縄の方言で、太陽がさんさんと輝くさまを表す言葉。

製作のきっかけは、映画「デトロイト・メタル・シティ」で知られる李監督が、金城さんと妻が支え合って偉業に挑んだ実話を、岡村主演で映画化したいと企画したことだった。監督は、金城さんのサンゴにかける情熱、やりたいことへの信念、その裏にある孤独感と、岡村がバラエティー番組で見せる何事にも積極的な姿勢、時折見せる“影”に共通点があると分析。

これまで「無問題」シリーズをはじめ、映画やドラマでバラエティーの延長のような役柄が多かった岡村は、本格的な演技力が要求される同作に興味を持ち、出演を快諾したという。

久々の主演、しかも初の父親役に「父親はプライベートでも体験していないので、完全に想像で取り組んでいます」とプレッシャーを感じている様子。そんな岡村を、心身ともに支える妻役に起用されたのが松雪だ。

演技に不慣れな岡村をきちんと支えられる女優として、「デトロイト-」のドSキャラなど、幅のある演技力を見せる松雪は、まさに適役。

すでに先月、沖縄でクランクインしているが、岡村は「松雪さんは役柄通り、本当に人魚みたいな方」、松雪も「とてもチャーミングに、豊かに(役を)表現されている」と早くも“夫婦”の息ピッタリ。

銀幕の中で美人妻をゲットした岡村。来年の大型連休、スクリーンで新たな一面を見せることになりそうだ。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000038-sanspo-ent
[ 2009/06/22 09:22 ] お笑い芸能人 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。