エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

玉木宏、映画「MW(ムウ)」で肉体美披露


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」が映画化され、冷酷な主人公、結城美智雄を演じた玉木宏のショッキングなヌードシーンが解禁された。

漫画「MW(ムウ)」は、猟奇殺人や過激な性描写など、手塚治虫のほかの作品には見られない異色作。青年コミック「ビッグコミック」誌で連載していたときも物議を醸していた。その中でも、特に象徴である結城は、人を殺すことに何の躊躇(ちゅうちょ)もなく、あるときは男娼的行為にまでおよび人をだます、過激なキャラクター。玉木は結城を演じるにあたり、キャラクターの性質から体脂肪を4パーセント程度にまでしぼりにしぼって役を作り上げていった。

映画では漫画に表現される性的な部分などはあまりにも過激であるため、社会的な配慮からかなり抑えられており、漫画と比べるとかなりソフトに表現しているが、それは編集後のこと。編集前のフィルムにはしっかりと過激なシーンが残されている。

このたび解禁になった衝撃の場面写真は玉木宏のオールヌード。役づくりのためにしぼり込んだ芸術的とまでいえる肉体美だ。このシーンに関しては映画でも存在するが、ほんの一瞬。この美しい体をじっくり見ることができる貴重な場面写真といえる。

映画『MW -ムウ-』は7月4日より全国公開

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000005-flix-movi
[ 2009/07/02 14:54 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。