エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

石原さとみ、映画「人間失格」で人妻役に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


女優、石原さとみ(22)が来年公開の映画「人間失格」(荒戸源次郎監督)で、主演の生田斗真(24)の妻を演じることが15日、分かった。

生田扮する放蕩(ほうとう)男を取り巻く7人の女の一人。初顔合わせの荒戸監督(62)は前作「赤目四十八瀧心中未遂」で寺島しのぶ(36)を脱がせ、独特のエロスを表現した奇才だが、さとみは「どこまでもついていく」と決意を固めている。

プロデュース作品と監督作両方で、独特の映像美とエロティックな表現が注目を集める荒戸監督が、さとみを料理する。

同作は6月に生誕100年周年を迎えた作家、太宰治の代表作の映画化。生田扮する主人公の大庭葉蔵は、名家に生まれながら、繊細な心を持つばかりに酒や女に溺れ身を滅ぼしていく男。さとみ扮する良子は、葉蔵がかかわる女たちの中で唯一結婚し、平穏な暮らしを送る相手だ。

さとみのデビュー映画「わたしのグランパ」(03年)以来、さとみに注目していたという荒戸監督は、「きれいになった。さなぎから蝶々になったね。大人の女の要素を十分に出せる」と成長に目をみはる。

良子は、夫の葉蔵を愛する純真な女でありながら、その知人と不貞行為を持つ。台本には、葉蔵がその最中を目撃してしまうシーンがあるが、「女の悪魔性と少女らしさの両方を演じてほしい」と監督。すでに撮り終えた部分で「目だけで女を表現してほしい、猫科の動物のようになってと言ったら、見事に表現してくれた」と信頼は厚い。今後撮影される注目のシーンで、さとみにどんな“濡れ場”を要求するのか。

一方、未知の体験が待ち受けるさとみは、「初めて監督にお会いした時、『出てくれてありがとう』と言われてとてもうれしかった。その気持ちに応えたい」と一歩も引かぬ構え。

荒戸監督と人間や女という生きものについて、不貞行為のシーンなどについてじっくり話し合っているといい、「力みはないです。監督の考えを丁寧に教えていただいているので。人間の深い部分が出るといいなと思う」。女の業をどう見せてくれるのか注目だ。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090816-00000032-sanspo-ent
[ 2009/08/16 10:26 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。