エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

名作「Wの悲劇」、菅野美穂主演でスペシャルドラマに


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


女優の菅野美穂が来年1月放送のSPドラマ『Wの悲劇』(TBS系)で主演を務めることが30日、同局より発表された。

同作は作家・夏樹静子氏の原作で1984年に女優・薬師丸ひろ子主演で映画化されたミステリー大作。TBS系で初の主演を演じる菅野は「サスペンスとユーモアで緩急のメリハリのあるドラマになるのではないかと思います」と意気込む。共演には真矢みき、成宮寛貴、武田鉄矢、香川照之など豪華俳優陣が集結し、現代的なアレンジでドラマ化される。

派遣OLの主人公・一条春生(菅野)は、不景気で突然、派遣先の会社を解雇されてしまう。失意の春生は、キャバクラ嬢時代の友人だった和辻摩子(谷村美月)から別荘に来るように誘いを受ける。だがそこで殺人事件に遭遇してしまい、犯行に加わったという摩子をかばい、偽装に手を貸すことに……。

映画版では、舞台女優を志望する女性が、劇団のスキャンダルに巻き込まれ、それをチャンスと逆手に取り成り上がっていくストーリーだったが、今作では現代風に大幅アレンジをほどこし、新しい『Wの悲劇』の世界観を表現する。菅野は「Wは、WOMANのWですが、ひっくり返すとMになってMANのMになります。台本を読んで、WとMは表裏で、『人間の悲劇』という意味に感じました」と心境を語る。もちろん今作でも、「私、おじいさまを殺してしまった!!」という名台詞が劇中に登場する

原作小説は、日本国内で累計約250万部、海外でも10か国で約20万部も売上げた日本を代表するサスペンスの名作。過去には、83年にTBS系、01年にテレビ東京がドラマ化されている。今回の脚本は、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』、『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)などを手掛けた岡田惠和氏が担当。岡田氏とは『イグアナの娘』(テレビ朝日系)を筆頭に数々の作品で共にしてきた菅野は「岡田さんの脚本では、人は追い込まれれば追い込まれる程、滑稽になっていく様が良く描かれています」と分析する。

同作には、主演の菅野をはじめ、真矢みき、池内淳子、谷村美月、成宮寛貴、中村橋之助、江守徹、小日向文世、津川雅彦、武田鉄矢、香川照之など豪華俳優陣が集結し、夏樹ミステリーが持つ集団劇、密室劇の醍醐味をより深く、より痛快に描く。多くの名優たちとの共演に菅野も「毎日現場は刺激的です。サスペンスですが、人は本気になればなる程、滑稽だなとも思います。リハーサルでは笑いを堪えるのが大変な時がしばしばあります。『これサスペンスだよなぁ…!?』と考えてしまうこともある位です(笑)。どんな仕上がりになるのかとても楽しみです」と完成を楽しみにしているようだった。

スペシャルドラマ『Wの悲劇』は、2010年1月11日(月)後9時よりTBS系にて放送。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091130-00000030-oric-ent
[ 2009/12/01 11:43 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。