エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

テレビの流れを大きく変える、深夜ドラマが絶好調


ライフスタイルの変化が人気の理由の一因なのは確かでしょう。
ただ、それだけが理由ではなさそう。
やはり内容が面白いことのほうが理由としては大きいと思う。

ゴールデンタイムの主力のドラマが、恋愛至上主義だったり演者の人気頼みになっていることも深夜枠のドラマへ視聴者を向かわせる原因なのかもね。

視聴者にとっても選択肢が増えるわけだし
当局も低資金で製作でき実験やら冒険も出来るのだから
双方メリットがあり現状では上手く機能しているといことなんでしょう。
これからも深夜枠のドラマは充実していきそうだね。


これからは“月9”よりも“深夜枠”がドラマの主流になるかもしれない。
それほど好調だ。

今クールで好調だったフジテレビの“土11”枠の「ライフ」。
深夜11時台の放送ながら最終回は17.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、民放のドラマを代表する“月9”の「ファースト・キス」(フジ)の最終回を5ポイントも上回った。

もっとも、好調なのは「ライフ」だけじゃない。
前クールで同じ枠で放送した「ライアーゲーム」も平均で11%以上を稼いだ。

深夜ドラマの先駆者はテレビ朝日。
午後11時台の「金曜ナイトドラマ」として放送した「特命係長 只野仁」
シリーズが大ヒットした。フジでは「ライアーゲーム」「ライフ」が好成績を挙げ、“金脈”は深夜ということになりそうだ。

「ここ数年で視聴者のライフスタイルが大きく変わりました。
早い時間帯にテレビを見る人が減って、
深夜にドラマを楽しむ人が増えたのだと思います」(放送関係者)

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000004-gen-ent&kz=ent
[ 2007/09/23 18:40 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。