エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

踊る大捜査線3、内田有紀と伊藤淳史が青島刑事の部下役に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』で、織田裕二ふんする青島刑事の部下となる新キャラクターとして、伊藤淳史と内田有紀が登場することが明らかになった。さらに二人の役柄には、本シリーズのファンにとって感涙もののバックグラウンドが隠されている。

二人の起用について、本シリーズの生みの親である亀山千広プロデューサーは、「年月もたって、新しい考え方を持つタイプのキャラが組織には当然入ってくるもの。扱いにくい若い刑事と上司の間で悩む、中間管理職の青島をとても観てみたかった」と語り、本作で強行犯係係長に昇格した青島が部下の扱いに四苦八苦する姿を描かれることを明かした。

そこで登場するのが、伊藤ふんする和久伸次郎。名前からぴんとくるファンも多いだろうが、何を隠そういかりや長介ふんする和久さんこと和久平八郎のおいっ子という設定。和久さんの形見である「和久ノート」を肌身離さず携帯し、やる気に満ちあふれた新人刑事だ。本作の製作発表記者会見で織田が「和久さんの遺志は僕たちが継ぎます」と言っていた通り、和久さんのDNAは受け継がれることになった。

亀山プロデューサーは「続編を作る際、和久という名前を台本から消したくはなかった。部下として、登場させるのが一番しっくりくるなと。和久君となったら、伊藤淳史しかいないと思った」と言う。本シリーズの大ファンだという伊藤は「青島刑事の後輩だなんて! こんなにぜいたくで光栄なことはありません。全力で頑張ります! すごく大きい役、責任のある役ですので、身の引き締まる思いです」とかねてから織田のファンでもあることから、感動を隠せない様子だ。

そして内田ふんする篠原夏美は、本シリーズのスペシャルドラマ版で、青島にあこがれる交通課新人警官として登場したキャラクター。ファンの人気も高く、亀山プロデューサーは、「“女版青島”と呼ばれる夏美をいつか、青島と並べて登場させたかった」という理由から、刑事課に配属させて青島の部下という設定にした。

11年ぶりに篠原を演じることについて、内田は「夏美は青島さんがあこがれなので、青島さんのそばで働けているのは夏美にとって、すごくうれしいことです。今までのレギュラーの女性陣とは違った空気感でできたらなと思います」と意気込みを語った。

前作の映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』は観客動員数1,260万人、興行収入173,5億円を記録し、日本実写映画の動員および興行収入記録第1位の大ヒット映画だ。

7年ぶりとなる劇場用映画3作目では、強行犯係係長に昇格した青島(織田)が、新湾岸署への引越しを一任されたところから物語が始まる。しかし、その引越しの真っ最中に8つの事件が湾岸署を襲う。開署式まで残り3日間しかない中、無事引越しが終わり、事件も解決するのか!? 青島の部下には、熱いタイプの和久(伊藤)と篠原(内田)のほかにも、シリーズでおなじみの緒方薫(甲本雅裕)が登場する。また冷めたタイプの部下として、新たなキャラクターとなる、若手刑事・栗山孝治(川野直輝)と交換留学として湾岸署に来ている研修生・王明才(滝藤賢一)が登場する。多数の新キャラたちが、青島とどう絡み、作品に新風を吹き込むのか楽しみだ。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』は7月3日より全国東宝系ほかにて公開

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000003-flix-movi
[ 2010/02/10 14:20 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。