エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

小栗旬、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」で若手官僚役に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


18日、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』の新たなメンバーとして、小栗旬が加わることが明らかになった。小栗が演じる警視庁刑事部捜査一課 管理補佐官・鳥飼誠一は、本庁から来たエリート官僚という設定だ。

そんな鳥飼のキャラクターは、湾岸署で起きた事件の捜査会議での対応に表れている。いつものごとく、本庁のキャリア組が所轄の捜査官を下に見て邪険な扱いをしたため、怒った所轄の面々が抗議の声を上げ、一触即発の事態になりかけたそのとき、鳥飼が言ったせりふが、「管理補佐官の鳥飼です。皆さんの気持ちを汲まず不用意な発言をして申し訳ありません。本部長、署長と協議して決めました。近隣所轄署は捜査に参加。湾岸署刑事課は引っ越しが済み次第合流。本庁と所轄の捜査員がバディを組んで捜査。どうでしょう? これでよろしいですね?」

本庁側のキャラクターといえば、高圧的なイメージが強く、かつて鳥飼のように穏やかな顔つきで、ソフトに話す者がいただろうか。まさに、本庁と所轄の調整役・サーバントリーダーとしての役割を担う、ニュータイプのキャラクターだ。

亀山千広プロデューサーは、「初めて青島より年下の官僚を登場させたい思いから始まった。“今”を持ち込める、まさに“旬”な役者が入ることによって、レギュラー陣にも、スタッフにも、映画を観ていただくお客様にも、いい刺激になると思います」という思いから、このキャラクターには小栗しか考えられなかったという。今乗りに乗っている小栗が投入されたことで、本シリーズに新風が吹き込まれるのはもちろん、新たなファン層を呼び込む起爆剤になることも期待される。

「子どものころから観ていて長く続いている作品なので、とにかく世界観を壊さないようにしようと思いました」と本シリーズに加わる上での心構えを明かした小栗。撮影初日は織田裕二ふんする青島と車の中で二人っきりのシーンで、ありえないくらい緊張したそうだが、「織田さんが新しく入って来る僕らにすごく気を使ってくれているので、助かっています」と楽しんで撮影に臨んでいるようで、和やかな現場の様子がうかがえた。

現場の雰囲気はいいようだが、青島とたびたび行動を共にすることになる鳥飼は、青島にとって敵なのか味方なのかまったく本性が読めない存在。このクールな鳥飼と相変わらずアツイ青島が、どんな化学反応を起こすのか楽しみだ。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』は7月3日より全国東宝系ほかにて公開

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000001-flix-movi
[ 2010/02/18 14:52 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。