エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

長瀬智也、宮藤官九郎脚本ドラマ「うぬぼれ刑事」で主演に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


TOKIOの長瀬智也(31)がTBS系「うぬぼれ刑事(でか)」(7月スタート、金曜・後10時)で脚本家・宮藤官九郎(39)と約5年ぶりにタッグを組むことが19日、発表された。

同局系「池袋ウエストゲートパーク」「タイガー&ドラゴン」などで人気を集めた名コンビの復活。宮藤が約7年前から構想を温めていた自信作で、長瀬は超恋愛体質で毎回、犯人に一目ぼれしてしまう独身刑事を演じる。

名コンビが戻ってくる。長瀬と宮藤がドラマでタッグを組むのは00年4月クールの「池袋ウエストゲートパーク」(平均視聴率14・9%)、05年4月クールの「タイガー&ドラゴン」(平均視聴率12・8%)以来、5年ぶり3度目となる。

ファン待望の新作は1話完結の刑事モノだ。とは言っても、そこは宮藤の脚本。いわゆる勧善懲悪な刑事ドラマとは一線を画す。約7年前にタイトルを思いついたという宮藤は「絶対に面白い」と企画書を練り、ドラマ化にこぎ着けた。刑事を題材にした作品は初挑戦となる。

長瀬が演じるのは、仲間から「うぬぼれ」と呼ばれる30歳の独身刑事。超恋愛体質で、うぬぼれやすく、毎回、犯人(女性)に一目ぼれしてしまう。悩んだ末に逮捕状と婚姻届を用意し、「結婚してくれるなら逮捕しない」とプロポーズ。それでもダメなら「そこをなんとか」と手錠と婚約指輪を差し出す。でも結局、犯人は逮捕される方を選び失恋。泣きながら手錠をかける―。

過去2作のドラマを振り返った長瀬は「この血が騒ぐ感じ! いつもこんな感じだったなとつくづく思いました。何かを生み出してやろうという気持ちがレッドゾーンを振り切るんです」。6月上旬のクランクインを前に「キャラクターに魂をねじり込むことにすべてをかけてやるつもりです」と燃えている。

共演は生田斗真、中島美嘉ら。長瀬が恋をする犯人役には10~60代の豪華女優陣が毎回ゲストで登場する。演出も担当する宮藤は「うぬぼれ脚本家にならないように気をつけます」と出来栄えに自信を見せている。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000047-sph-ent
[ 2010/05/20 11:36 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。