エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

長渕剛、倉本聰脚本ドラマ「歸國」で11年ぶりに俳優復帰


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


シンガー・ソングライターの長渕剛(53)がTBS系スペシャルドラマ「歸國(きこく)」(8月14日・後9時)に出演し、俳優として11年ぶりに本格復帰することが20日、分かった。

現代の日本に亡霊となって現れる、日本兵の部隊長を演じる。恩師の脚本家・倉本聰氏(75)からオファーを受け快諾した。このほどスポーツ報知の単独インタビューに応じた長渕は「TBSは古巣に帰ってきた気分。倉本先生に恩返しできる機会を与えられてすごいうれしい」と喜んだ。

倉本氏と長渕を結びつけたのは1990年、長渕が初出場したNHK紅白歌合戦。独ベルリンで異例の3曲を歌い、物議を醸した。

「そのとき万歳三唱したのが倉本先生。こんなやつがこの国にいたのか、と。『君は間違ってない』ってラブレターがきたんです」

ただ一人の理解者。以後20年、富良野で酒を酌み交わすなど親交を温めてきた。倉本氏のドラマ「北の国から」や舞台の中では、長渕の曲が積極的に使われてきた。そんな恩師から突然、電話があったのは3か月前のこと。今作への出演依頼だった。

「『君にぴったりの役がある。兵隊の部隊長だ』と。いつかこの人に恩返しをしたいって生きてきた。今回、そんな機会を与えてくれて、すごいうれしい。尊敬する人が、にこっと笑うことをしたいんですよ」

今回演じるのは、現代の日本に現れる南の島に散った英霊。日本兵の部隊長で、軍刀をさす軍服姿だ。戦争の根絶を訴え、平和を謳歌(おうか)する日本人の現状を問う。撮影前は、初めて一人で靖国神社を訪れた。

「(靖国は)身が引き締まるような思いがしましたね。重い役です。終戦記念日に僕らの先人が散っていったことを伝えられるのは幸せ。よし、って魂が入ります」

1980年代にTBS系「家族ゲーム」などでドラマに挑戦。「とんぼ」のチンピラ役は一世を風びし、主題歌も大ヒット。2002年に「少年 おかめさん」でトラック運転手役でゲスト出演したのが最後の俳優業だ。本格的な演技は99年の映画「英二」以来となる。

「俳優の原点は『逃避』。20代で結婚して1年目に破局を迎えた。人生最初のつまずきの時に(役者として)他の人間になることで、現実から逃避できた。当時は小生意気だったけどTBSは自由にやらせてくれた。だから今回、古巣に帰った気がして…やるぞって」

撮影は半分の2日間を終えた。丸刈りのカツラに挑戦。倉本氏からは直接、演技指導を受けた。

「『句読点の中に秘められた言葉をちゃんと考えながらセリフをはいてくれ』と。敬礼しましたよ」

音楽では“全権監督”の長渕が、撮影では恩師の言葉を大切にしている。当時と比べて、演技に対する姿勢も変わった。

「自分の生理で動くだけだった。今は『抑えよう』という気持ちがある。過度な表現を抑えたい。キザに聞こえるかもしれないけど、本当の愛を感じてほしい」

歌手、俳優のジャンルは関係ない。全力で表現者の道を追求し続ける。

◆靖国で撮影 たけし、小栗らと共演 〇…「歸國」は倉本氏が昨年6月に舞台化し、今回のドラマで新たに脚本を書き直した。主演はビートたけし(63)で共演陣も小栗旬(27)、塚本高史(27)、向井理(28)、堀北真希(21)、八千草薫(79)、石坂浩二(69)など豪華だ。制作費に数億円をかけ、テレビドラマ初となる靖国神社での撮影も行われる。演出は「ふぞろいの林檎たち」などを手掛けた鴨下信一氏(75)。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000082-sph-ent
[ 2010/06/21 13:32 ] 音楽・ミュージシャン | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。