エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

上戸彩、NHK連ドラ「十年先も君に恋して」の主演に決定


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


女優、上戸彩(24)が、8月31日スタートのNHK連続ドラマ「十年先も君に恋して」(火曜後10・0、全6回)に主演することが21日、分かった。同局連ドラの主演は初めて。

タイムスリップ仕掛けの恋愛ドラマで、相手役は内野聖陽(41)。04年のテレビ朝日系連ドラ「エースをねらえ!」では師弟を演じた2人が、6年半を経て恋人役に。上戸の“二役”演技も注目だ。

上戸が演じるのは26歳の恋愛下手な独身編集者・里花。彼女の10年後のシーンもあり、同一の役柄ではあるが“二役”に挑む形だ。

一人二役は05年のテレ朝系スペシャルドラマ「古都」で双子の姉妹役を演じた経験があるが、30代半ばという実年齢より10歳以上年上の“老け役”は初めて。上戸は「10年という時間経過をどう演じるか楽しみ」と女優魂を燃やす。

物語は、上戸演じる里花のもとに、内野が演じる「10年後の未来から来た将来の夫」と名乗る中年男がタイムスリップして現れ、「数日後に若き自分と出会うが、絶対に結婚しないでくれ」と頼むところからスタート。そして実際に数日後、若き彼(内野)に出会い惹かれていく…。

人気脚本家、大森美香さん(38)のオリジナル作品で、タイムスリップ仕掛けのロマンチック・ラブストーリーだ。

上戸と内野は04年1~3月にテレ朝系で放送した連ドラ「エースをねらえ!」で共演済み。人気テニス漫画の初実写版で、上戸は主人公の高校テニス部員・岡ひろみ、内野がひろみをスパルタで鍛える鬼コーチ・宗方仁を演じた。評判を集めた師弟コンビだったが、今回は6年半ぶりの共演で恋人同士に関係が“発展”する。

上戸は「前回の師弟関係から大人の恋愛ドラマに成長して、今からドキドキしています」と久々の共演に力が入る。

同局制作関係者は「未来からの夫に翻弄されつつ、自分の運命を信じて生きようとするヒロインを、チャーミングに演じてほしい」と期待をかける。

上戸の“二役”については「若いころの里花はひたむきでさわやかな等身大の役。ただ10年後の里花は陰のある雰囲気で、今まで見たことがない上戸さんを見ることができると思う」と説明。若手演技派・上戸の真骨頂を見ることができそうだ。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100622-00000033-sanspo-ent
[ 2010/06/22 10:53 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。