エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ゆず、地元・伊勢佐木町でライブ


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


人気デュオ「ゆず」が12日、地元の神奈川・横浜市の松坂屋跡地に近いライブハウス「CROSS STREET」で原点回帰のライブを行った。

同地域での路上ライブをきっかけに、ミュージシャンとして大きく羽ばたいた2人。デビュー前を陰ながら支えてくれた同商店街の50人を無料招待し、6曲を披露。中継で初出場したNHK紅白歌合戦(03年)以来、7年ぶりに思い出の地から歌声を響かせた。

約40分間。全員の顔がはっきりと見える小さなライブハウスで、2人はありったけの感謝の気持ちを込めて歌った。

無名の時代に快く場所を提供し、温かく見守ってくれた同町商店街の方を招待。“育ての親”とも呼べる方たちへの恩返しのライブが実現し、「自分たちの大切な原点、伊勢佐木町でライブができることを心からうれしく思う」と、喜びをかみ締めた。

今回のライブは11年ぶりの弾き語りツアー(15日の京都会館から全12公演)を控え、2人が「原点回帰したい」と懇願して実現したもの。デビュー前の1996~98年8月まで同地域で路上ライブを行い、トップミュージシャンとしての礎を築いた「ゆず」。日曜午後10時になると多くのファンが集まり、98年8月30日の最後の路上ライブには、約7000人が詰めかけるなど社会現象にもなった。

この日は08年10月に閉店した松坂屋跡地を訪れ、当時のニオイを体中で感じてから会場入り。路上時代によく歌った「地下街」、代表曲「夏色」「栄光の架橋」など6曲を熱唱。中継で初出場したNHK紅白歌合戦以来、7年ぶりに同所から歌声を響かせた。

鳴りやまない拍手に、岩沢厚治(33)は「ただいま!!」と絶叫。北川悠仁(33)も「デビュー14年目。決していいことばかりではなかったけど、地元の方々に助けられてここまで来た。ここでのライブは、心と体に脈々と生き続けている。地元っていいものですね」と感慨深げに話した。

商店街の人も2人の姿を目に焼き付けた。当時、横浜松坂屋勤務の石田隆さん(現・伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合専務理事)は「こちら側からお返しをしなきゃいけないのに勇気をもらってばかり。生きていく糧をもらった気がします」と語った。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000057-sph-ent
[ 2010/07/13 08:36 ] 音楽・ミュージシャン | CM(1)
みたかったな~早く二人に会いたい
[ 2010/07/13 14:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。