エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

井上真央、50周年を迎えたNHK朝ドラ「おひさま」ヒロインに決定


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


NHKは11日、2011年春にスタートする朝の連続テレビ小説「おひさま」で、女優の井上真央(23)がヒロインを務めると発表した。

来年は朝ドラ50周年。7月25日には地上波デジタル放送への完全移行が決まっており、井上は“地デジ朝ドラ”の最初のヒロインともなる。鮮明な画面から、“おひさま”のような笑顔で、毎朝日本中を元気づけてくれそうだ。

記念すべき年の朝ドラのヒロイン。都内で会見した井上は「(朝ドラの)ヒロイン役は、新人の登竜門のイメージがあったので、もうお声がかからないと思っていたのでビックリした」と、驚きを隠せなかった。

今回の起用の決め手は笑顔だった。タイトル「おひさま」のような温かい笑顔を持つ人ということで、小松昌代プロデューサーと脚本担当の岡田惠和氏と話し合い「この人しかいない」と一致したという。放送期間内の7月25日に完全地デジ移行を控えており、同プロデューサーは「より鮮明に映ることで、よりインパクトを与えることができる」と井上の“笑顔”に期待する。

物語の舞台は、長野県安曇野市と松本市。戦争をはさむ激動の昭和時代に、そば作りを通じて、太陽のような笑顔で人々を照らし続けた女性の一代記を、美しい風景の中に描く。

井上は「主人公の家族や友人も温かく描かれていて、台本を読んで泣きました。早く、物語の世界観に飛び込みたい」と話し、「最近、暗いニュースが多い中で、笑顔で、人を明るく照らしてあげられるような、たくさんのメッセージを届けられたら」と意気込んだ。

井上は16歳から30歳前半までを演じ、セーラー服姿も披露。実は、09年に公開された映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」で、制服姿からの卒業を宣言していたが「封印したのに思わぬ形で着られるのうれしいですね」と照れ笑いを浮かべていた。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100812-00000010-dal-ent
[ 2010/08/12 16:10 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。