エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

松本人志、NHKで初の1人コント番組


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


ダウンタウンの松本人志(47)がNHKで初めてコント番組を手掛けることが10日、分かった。

10月15日放送の「松本人志のコント MHK」(後10・0)で、企画構成を自ら務め、出演も芸人は松本のみ。近年テレビコントから離れていたが、縁が薄かった同局との異色タッグで久々の復活だ。翌16日には「プロフェッショナル 仕事の流儀 松本人志スペシャル」(後9・0)も放送され、松ちゃんナイト2連発となる。

松本の原点といえるコント番組がNHKでよみがえる。松本は「これまでやってきた番組とどうしても比べられると思うが、この(放送時間の)45分でその何年分に勝つつもりでやっています。すごく濃い45分だと思う」とのコメントで、コント魂のすべてを注ぎ込む決意を明かした。

題して「MHK」。NHKをもじり、頭文字のM(松本)H(人志)K(コント)。本来、コントはフランス語で「conte」だが、そこは“ご愛嬌”。5月上旬からネタ作りに着手しており、新作コント5本で構成する。

内容の詳細は不明だが言葉遊び、ある番組のパロディー、NHKの昭和20、30年代のニュース映像を使ったネタなど、バラエティーに富んだ構成になるという。同局制作サイドによると、「1人コントにこだわった」という松本の希望通り、メーン出演者も松本だけで、他の有名芸人は一切出演しない。まさしく松本ワールドの完全版といえそうだ。

松本&NHKの一見ミスマッチな組み合わせ。松本に最初にアプローチをかけたのは同局の人気番組「プロフェッショナル-」だった。ゲストの仕事への取り組み方を追うドキュメンタリーで、06年から放送され好評だったが、今年3月にいったん休止。10月からリニューアル復活が決まり、その最初のゲスト候補に松本の名があがった。

そこで同局は「松本さんでコント番組を作りたい」とラブコールを送り、意外なことに松本も快諾。関係者によると、松本はテレビコントに限界を感じて一時離れ、近年は映画製作などに力を入れていた。が、NHKとのタッグに可能性を見いだし、テレビコントの封印を解いたという。

NHKで松本クラスの超大物芸人を単独でコント番組に起用したのは極めてまれ。制作担当者は「夢のような企画。コントは松本さんの本領で、今の松本さんが見られるし、他局ではできないコントもお見せできる」。そして「何らかの形でレギュラー化も考えたい」と意欲を示す。松本とNHKのタッグで、あっと驚く笑いを提供する。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100911-00000031-sanspo-ent
[ 2010/09/11 10:15 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。