エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

豊川悦司、第35回報知映画賞・主演男優賞を受賞


トヨエツ、受賞に御満喫?
豊川悦司

主演女優賞はモントリオールで話題になった深津絵里さんが受賞、
そして、今季2本の映画主演作が評価されたトヨエツこと豊川悦司さんが
題記にあるとおり主演男優賞を獲得することになったそうです。

そんな円熟期を迎えつつある豊川悦司さんは、
来春から始る大河ドラマに出演されるわけでして、
これは期待せずにはいられません。

豊川悦司、大河ドラマ「江」織田信長役に


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


◆第35回報知映画賞・主演男優賞 豊川悦司「今度は愛妻家」「必死剣鳥刺し」 映画賞レースのトップを飾る第35回報知映画賞が29日、決定した。

最多受賞は、李相日監督(36)がメガホンを執った「悪人」。
作品賞に加え、9月のモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を獲得した深津絵里(37)が主演女優賞、柄本明(62)が助演男優賞の3冠に輝いた。

また、主演男優賞には「今度は愛妻家」(行定勲監督)、「必死剣鳥刺し」(平山秀幸監督)の2本に出演した豊川悦司(48)が選ばれた。表彰式は12月21日に行われる。

受賞の知らせを受けた瞬間、15年前の表彰式で手にしたブロンズ像の重みが、脳裏によみがえった。「ほかの賞と違って、すごく重くてずっしりしていたことを記憶しています。映画にかかわったすべての人の代表というわけではないですけど、きちっと評価していただいたことは、大変うれしいですね」と、かみしめるように話した。

怠惰な生活を送る、かつての名カメラマンを演じた「今度は愛妻家」と、
死に場所を求めて苦悩を続ける剣豪役の「必死剣鳥刺し」。
タイプは全く異なるが、いずれも「男はどう生きるか?」がテーマだった。

「人間は、どう生まれるかは選択できないけれど、どうやって生き、そして死ぬかは選ぶことができる。それを考えるのが、人生最大の務めというか、課題だと思います。だから、役にはすごく入りやすかった」という。

撮影では、男たちが受ける刺激を、自分の共通点と重ねながら演じた。
「全然違う他人を演じると、自分のことが分かるってことが結構あるんですよ。それをたくさん感じることができた時、いい仕事になることが多いですね」。今回の場合は、2作品とも発見の連続だったそうで「自分の中で、充実感がすごくあった。それが、こういうふうに結果をいただけるのにつながったんだと思います」と振り返った。

90年に映画「3―4×10月」(北野武監督)でデビュー以来、20年が経過する中で、役との向き合い方が変わってきた。
特に、「今度―」では、それを強く感じたという。

「北見って役が深く書き込まれていたこともあると思いますが、(北見との)キャッチボールがすごくできた。若い時よりも、確実にそう感じましたね」。キャリアを積み重ね、成熟の時期にきている。

自分から「この役をやりたい」という気持ちは少ないという。
「自分がやりたい役は、イメージから外れていかない。でも、他人が選んだ時はそこから離れて、膨らんでいくことがある。見ず知らずの女の人と『今日から一緒に暮らしてください』って言われる方が、自分が住みたい人と暮らすよりも面白いみたいな」。今後も意外性を生み出し続けることで、俳優の道を歩んでいく。

◆「今度は愛妻家」 かつて売れっ子カメラマンだったものの、現在は堕落した生活を送る北見(豊川)。ある日、妻・さくら(薬師丸ひろ子)から「好きな人ができたので、離婚してほしい」と切り出される。“離婚記念”に写真を撮ってほしいと願う、さくらの言葉に、1年ぶりにカメラを手にする北見。シャッターを切るたび、妻の存在の大きさを思い知らされるが、過ぎ去った時間は取り戻せなかった…。

◆「必死剣鳥刺し」 3年前に藩主の側室を城中で刺殺した過去を持つ東北・海坂藩の近習頭取・兼見(豊川)。妻を亡くし、死に場所を求めての行動だったが、意外にも1年の閉門を経て、再び藩主に仕える身となる。そんなある日、兼見の剣の腕を買う老中(岸部一徳)から、藩主の命を狙う別家(吉川晃司)を討ち取るよう命じられる。兼見は藩命に従うが、そこには思いも寄らぬ結末が待ち構えていた。

◆豊川 悦司(とよかわ・えつし)1962年3月18日、大阪府生まれ。
48歳。演劇集団「円」の研究生を経て90年、映画「3―4×10月」でデビュー。92年に武田真治と共演したドラマ「NIGHT HEAD」で注目を集め、“トヨエツ”の愛称で人気に。95年「Love Letter」などで報知映画賞助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。来年1月スタートのNHK大河ドラマ「江」では織田信長を演じる。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101130-00000056-sph-ent
[ 2010/11/30 11:19 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。