エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

南野陽子、箭内道彦氏との破局認める


南野陽子、今はドラマ撮影に注力
南野陽子

先月に破局報道があったんですかぁ、
ちょっと見落としてました。

ただ、こうして南野陽子さん自らそのことを語るぐらいですから、
ご本人の言葉通り今は心乱れることなく、
仕事は仕事ときっちり割り切っているようですね。
まぁ、これぐらいで乱れてしまうほどキャリアも浅くないけどね。

そういえば、このドラマ「フェイク 京都美術事件絵巻」、
以前にも財前直見さんが主演ということで取り上げて、
期待しているドラマなんですが、
南野陽子さんも出演されるとなるとなおさら注目です、楽しみだわぁ。

南野陽子、気持ち切り替え仕事に専念


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


女優の南野陽子(43)が3日、京都市内で来年1月4日にスタートするNHKドラマ「フェイク 京都美術事件絵巻」(火曜・後10時)のPR会見に臨んだ。

約3年間交際したクリエイティブ・ディレクター箭内(やない)道彦氏(46)との破局が11月上旬にスポーツ報知の取材で発覚。

「彼の生き方と私の人生にとって最良の選択をしたら、今、こんな感じでいる」と、初めて自らの言葉で破局を認めた。

お互いの将来を見据えた上での円満破局とあって、すでに吹っ切れたような表情だった。

破局について問われ、最初は「嫌~。苦手~」と苦笑いして言葉を濁していたが、30分ほどの休憩を挟んで「もうだいぶ時間もたってますし…。私の人生も今はすごく張りがある」とコメント。

現在は完全に気持ちを切り替え、ドラマ撮影に没頭していることをうかがわせた。

一方、南野とともに会見した主演の財前直見(44)は、大河ドラマ「義経」以来、5年ぶりの連ドラ出演となる。美術品の真贋(がん)を見抜くことにたけた大学講師で、服装には全く無頓着な役柄を演じる。「ずっと休んでたので、こんな格好の役が入りやすかった。このキャラクターにほれました」と笑顔だった。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000034-sph-ent
[ 2010/12/04 11:55 ] 恋愛 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。