エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

成宮寛貴、須藤晃原作・ドラマ「尾崎豊 覚え書き」主演に決定


尾崎豊を演じる成宮寛貴
成宮寛貴

一時代を築いたカリスマですね。
尾崎豊さんだけでなく
この本の著者の須藤晃さんもね。

記事を取り上げることにした理由は、
須藤さんの名前がそこにあったからというのもたぶんにあります。
ユニークというか独特な雰囲気を醸し出す歌手を見出してきた人、
という印象を個人的に持ってます。

ちょくちょく書いてますが、音楽に関して過去のものから今のものまで
チェックするのが趣味みたくなってるので、
このお二方ともども欠かせない人物です。

個人的には須藤晃さんといえば村下孝蔵さんを思い出します。
みなさんは誰を思い出しますか?

田淵俊彦プロデューサー、長年の夢を成宮寛貴に託す


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


1992年に26歳の若さでこの世を去った伝説的シンガー・尾崎豊さんの
半生が、初めてテレビドラマ化されることが6日、分かった。

作品は、テレビ東京系「風の少年~尾崎豊 永遠の伝説(仮)」
(3月下旬放送予定)で、若者のカリスマとして絶対的な人気を誇った
尾崎さんを、俳優・成宮寛貴(28)が演じる。

原作は、音楽プロデューサーとして尾崎の才能を見抜き、
世に送り出した須藤晃氏(58)の著書「尾崎豊 覚え書き」。
アーティスト・尾崎豊に対し、誰よりも身近に、誰よりも濃密に接した須藤氏の目線を基にすることで、初のドラマ化が実現した。

描かれるのは、16歳でオーディションに合格してから一気にスターダムを駆け上がり、そして衝撃の死に至るまでの生きざま。没後およそ20年、これまで語られてこなかったエピソードも交え、知られざる尾崎の素顔が浮き彫りにされる。

主演の成宮は「最初にお話を頂いたときは、僕なんかでいいんでしょうか?と思い、なかなか決心がつかなかった」とプレッシャーの大きさを吐露。
「尾崎さんに関する資料を読んだり、歌を聞かせてもらっているうちに、尾崎さんのマネをするのではなく、カリスマ性や時代性を反映する姿を演じることができたらいいなと思うようになりました」と、役への思いを語った。

番組プロデューサーは、成宮の起用を「一番、尾崎豊に似ている俳優。雰囲気だけでなく、いろいろなことへの考え方が真摯(しんし)な点も」と説明。熱烈なオファーに、成宮は「ドラマを通じて、尾崎豊を知らない今の時代に生きる人々に知ってもらえたらうれしいです」と意気込んだ。

また、ドラマ放送に先駆け、2月12日には、これまで公開されていないライブ映像や音源、手記なども盛り込まれたBSジャパンのドキュメンタリー番組「放熱の彼方~尾崎豊 知られざる伝説」(仮)が放送される。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110107-00000008-dal-ent
[ 2011/01/07 12:02 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。