エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

山崎邦正、落語家月亭方正として修行の旅へ


2年で全国制覇狙う・山崎邦正
山崎邦正

意外と言っては失礼ですが、
落語をしていたのは存じてましたが
ここまで真剣に取組んでいた、
とまでは知りませんでした。

山崎さんも昨日の内村さんと同様に若くして知名度を上げ
そして、芸歴もかれこれ20年ほどになるんですよね。

タイプは違うもののこうして活躍できるということは、
やっぱり何か持っているんでしょうか。
そういえば、山崎さん内村さんともに新しい事に挑み話題に、これかなぁ。

月亭方正、兄弟子月亭八光とともに全国行脚を開始


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


お笑いタレントの山崎邦正が15日、落語家・月亭方正として、兄弟子の月亭八光と『全国行脚、月亭二人旅』を東京・よしもと浅草花月で開催した。

古典落語「看板のピン」と「手水廻し」を披露した方正は、
観客の反応に「これはいける」と手応え十分。
47都道府県を「月2ペースで、2年で回りたい」と、
新ネタ習得の苦労を度外視した野望を語り、
「死ぬまでに武道館で高座をやってみたい」と落語家としての夢も語った。

2009年5月から大阪で落語会『月亭二人会』を行っている方正と八光が、
大阪を飛び出して「全国行脚で修行する」と決意し、立ち上げた同企画。
方正が「僕ら、ネタ数がまだ少ないので、増やすためにやっていく。
今は立川志の輔師匠に「鼠穴」の稽古をつけてもらっている」
と明かすように、今回の“旅”は成長がテーマだ。
八光も「近い将来、全部がネタおろしになるでしょう。持ち数が少ない分、
その都度、新しいのをやっていこうという気持ち」と意気込む。

方正は、約4年前に初めて聞いた落語をきっかけに一瞬でとりこになり、
「勝手に覚えて、覚えたらやりたくなった」ため、もともと知り合いだった
八光に相談。その後、八光の父・月亭八方に“弟子入り”し、2009年12月には上方落語協会に加入した。

落語が「楽しくてしょうがない」と歯切れよく答える方正は
「冒険もかねて、小さいところからいろんなところを回りたい。そういうのを経験したことがなかったから。全国に行けば、その土地土地のネタや枕
(前置き話)もできると思う」と、
未知なる挑戦に意欲をかきたてられている様子。

「ネタおろしが大変なことになるけど、(方正に)頑張ってついて行く」
と意気込む八光は、弟弟子の真摯な姿勢に敬意を表し「方正さんは救世主。
上方、月亭においても。どんどん落語界が面白くなると、つくづく感じてる」と期待を込めた。

今後2人は、文字どおり、47都道府県を制覇する修行に出るが、方正いわく「ビックリしたのが、次の場所が決まってない…。シュールでしょ、吉本って」と失笑。先行き不安な展開だが、高座にも山崎邦正の持ち芸の“変顔”を持ち込むなど、独自の手法で落語と向き合う。

「目標は武道館で、噺家100人くらいと一緒にやりたい。アホみたいなこと言ってるけど、武道館を念頭に置いたら、緊張しないんですよ。だから、どこでも行きます。呼んでください!」。

方正の噺家としての旅はまだまだ始まったばかり。なお、次回案には京都が浮上しており、詳細は吉本興業の公式サイトなどで発表予定。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110114-00000319-oric-ent
[ 2011/01/16 14:06 ] お笑い芸能人 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。