エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

反町隆史、ドラマ「グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら」の主演に決定


久々のドラマ主演・反町隆史
反町隆史

フジ系ドラマでの主演は
GTO以来13年振りになるそうです。
月日が経つのは早いものですね。

原作は韓国の小説との事なので、
後はどのように脚色して行くかが成否の分かれ目になりそうですね。
オリジナルを超えるドラマが出来上がって欲しいものです。

反町隆史、GTO以来13年振りにフジ系ドラマで主演


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


俳優の反町隆史さん(37)が、4月クールのドラマ
「グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら」
(関西テレビ・フジテレビ系)に主演することが2日、分かった。

白血病と闘う息子を看病する父親の役で「親子の究極の愛を表現できたら」と意気込んでいる。反町さんの連続ドラマ主演は08年の「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」(テレビ朝日系)以来、約3年ぶり。

ドラマは、00年に韓国で発売され、200万部のベストセラーとなったチョ・チャンインさんの小説「カシコギ(原題)」が原作。

家庭を顧みなかった父親が、白血病と闘う息子を献身的に看病する無償の愛の物語で、韓国ではドラマ化、舞台化され、「カシコギ・シンドローム」と呼ばれるブームを巻き起こした。韓国俳優のパク・ヨンハさんが同作に感銘を受け、映画化を希望したというエピソードもある。

反町さんは「韓国のベストセラーを日本で映像化できること、主演させていただくこと、大変うれしく思っています」といい、原作を読み「切なく心温まるストーリーにとても感動しました」と話している。

役作りについては「見ている方が感情移入できるような父親になれれば。監督と相談し、一つ一つ仕上げていきたい」とコメント。2人の女児の父親でもある反町さんは自身の子供が病気にかかり、一緒に過ごせる時間が限られているとしたらという問いに「自分でもどのようなことをしていいのか分からないですが、いまできる最善のことをすると思う」と回答している。

反町さんが演じるのは新聞社の報道記者・澤本大地で、小児科のスペシャリスト・紺野七海役で榮倉奈々さん(22)、大地の妻・華織役を井川遥さん(34)、小児科医師・円山湊人役で伊原剛志さん(47)が出演する。また現在、白血病になる子供・羽雲(わく)役は調整中で、最終オーディションには反町さんも参加したという。

関西テレビの安藤和久プロデューサーは反町さんの起用について「主人公としてすぐに思い浮かんだのが、反町隆史さんでした。反町さんは役者としてのみならず、人としても生き方を尊敬しています」とコメント。

同局が反町さん主演のドラマを制作するのは「GTO」以来、約13年ぶりであることから「前作同様、一緒に話し合いながら、いいドラマを視聴者に届けたい」としている。

放送は毎週火曜午後10時。放送開始日は未定。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110202-00000004-mantan-ent
[ 2011/02/02 12:31 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。