エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

オリヲン座からの招待状、宮沢りえ、加瀬亮ら映画館の思い出語る


出演者の皆さんが思いで話に花を咲かせた会見になったようです。
特に宇崎竜童さんは相当な映画好きだったのが話からも伝わってきます。

映画もそんな思い出話が似合う内容になっているのかな。
落ち着いた感じに仕上がっていそうでなのでじっくり鑑賞できそうですね。


浅田次郎による大ヒット短編集「鉄道員(ぽっぽや)」に所収されている
同名小説を映画化した「オリヲン座からの招待状」。
10月11日、映画の完成記者会見が東京・新宿のパークハイアットで行われ、主演の宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄、三枝健起監督、原作者の浅田次郎が来場した。

京都の町にひっそりと佇む映画館“オリヲン座”では、
先代の館主の亡き後その志を受け継いだ弟子・留吉と先代の妻・トヨが、
苦難を乗り越え映画館を守り続けていた――。
映画では、昭和30年代と現代の2つの時代からオリヲン座を取り巻く人々の
姿が描かれていて、昭和30年代の留吉とトヨを加瀬と宮沢が、
現代の2人を中原と原田が演じている。

小さな映画館が舞台の物語ということで、映画館にまつわる思い出を聞かれた宮沢は、「3~4歳の頃に初めて映画館に行き『ピンクパンサー』を見た。おなじみのテーマ曲が流れると、私はスクリーンの方に走っていって曲に合わせて踊っていた(笑)」と微笑ましいエピソードを披露。

一方、加瀬は「学生時代に単館系の映画に出会ってからは、地元横浜の小さな映画館によく通っていた。そこで働く人たちがすごく好きだったので、彼らのように本当に映画を愛している人々を大切にしたいと思いながら本作に参加した」と、演じた留吉同様に小さな映画館を守る人々への想いを語った。

劇中でオリヲン座の先代館主・松蔵を演じた宇崎は、
「1カ月のお小遣いが500円だった中学生の頃、新宿へ行きミラノ座でロードショーを150円で見て、隣のグランドオデヲン座の2本立てロードショーを2本見て(300円)、帰る前にローヤル劇場でB級アクションを50円で見て、1日でお小遣いを使い切ったことがある」と筋金入りの映画少年だったことを明かした。
すると、それを聞いていた原田や原作者・浅田も少年時代の思い出話に花が咲き、懐かしそうに当時の映画館について語っていた。

「オリヲン座からの招待状」は、11月3日より全国東映系にて公開。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000005-eiga-movi
[ 2007/10/12 17:47 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。