エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ダウンタウン、視聴率低下で来春以降は冠番組減少か?


視聴率も含めて色々な事が影響していそうですね。

要因の一翼はコスト面での折り合いのようですが、
子供向けではなく大人向けの笑いであり、そのメインの視聴者層が
テレビ離れをしている可能性も要因の一つのような気がします。

詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


“お笑い界の帝王”ダウンタウンも賞味期限切れのようだ。
「先に消えていった“ウッチャンナンチャン”と同じ運命をたどるのは時間の問題」と語るのは数々のヒット番組を手掛けてきた民放プロデューサー。

ダウンタウンは“視聴率請負人”と持てはやされてきたが、
テレビ界の評価は下がる一方だという。理由は4本ある冠番組の低視聴率化。

「10月に入ってからの平均世帯視聴率は軒並み8~12%前後。
15%超えの番組はゼロだった」(編成関係者)

10月の視聴率は
・「ダウンタウンDX」(日本テレビ)が12.2%、10.1%、8.8%、
・「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 」(日テレ)が
  9.8%、11.1%、12.7%、
・「リンカーン」(TBS)が10.2%、8.9%、
・「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」(フジテレビ)が12.9%、12.8%、8.2%。

これをある人気放送作家は「ダウンタウンさんの笑いが時代についていけなくなってきている証拠」と辛口の分析をする。バラエティーの低視聴率化も叫ばれているが、「『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげ』などはしっかり視聴率20%を達成したり、それに近い数字を取っている。ダウンタウンが数字を取れない理由にはならない」(民放編成関係者)という厳しい声もある。

すでに来春以降レギュラーの何本かは打ち切られる方向で調整中とか。
「コストパフォーマンスが折り合わない。大手スポンサーがつかない上に1本の出演料が2人で400万円以上のダウンタウンさんでは割が合わないのです。芸能人は一度上げたギャラを下げるのはプライドと事務所の問題などが絡んで難しい」(関係者)という声も。ダウンタウンに秋風か。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000003-gen-ent&kz=ent
[ 2007/10/27 18:38 ] お笑い芸能人 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。