エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

木村拓哉主演映画・HERO絶好調、武士の一分と合わせ興行収入120億円超え


一部では今回の映画はコケルかも、と言われていましたが
現時点ですでに興行収入は80億円目前まで迫る勢いだそうです。

木村さんのご家庭がなにかと物入りで大変らしいなんて噂もありましたが
これだけ稼げることを証明した今では、これも杞憂だったようです。

詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


木村拓哉主演の『HERO』が、最終的な興行収入で80億円を超えることが
確実になった。今週79億円台に乗り、80億円突破が秒読みに入ったもの。
80億円超えは、邦画の実写作品としては歴代で7本目。
もちろん、今年の邦画トップだ。

配給の東宝はさらに数字を伸ばすべく、90億円超えも視野に12月以降も
上映を続行するという。
ちなみに2007年の正月作品として公開された木村主演の『武士の一分』は
40億円を記録しており、木村は同年の主演作2作品が、
トータルで120億円以上を記録することになる。

木村拓哉の次回作は、
トラン・アン・ユン監督(『青いパパイヤの香り』など)によるシリアスな合作。『2046』のような興行にならないことを祈るが、おそらく様々な道を探りながら、映画に深く関わっていこうという戦略なのだろう。
こういうことができる俳優は、今の日本では木村拓哉以外にいない。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000002-vari-ent
[ 2007/11/15 16:50 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。