エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

永作博美、初の主演映画で奔放な女性を熱演


幾つになられてもベビーフェイスでかわいらしい方です。
今回の映画はタイトルからしてちょっと刺激的ですね。
永作さんの持つイメージと役柄とのギャップが見どころな感じがします。

永作博美

詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


映画やテレビ、舞台など女優として幅広く活躍するが、映画の主演は意外にも初めて。「主演のプレッシャー? とにかく自分が動かないと何も始まらない。だから意識する暇もなかったです」。映画「人のセックスを笑うな」(19日から東京・シネセゾン渋谷など全国で公開)の主演女優、永作博美は苦笑いする。しかし、「映画への興味はますます深まった」と意欲を燃やしている。

童顔だが37歳になった。主人公のユリは39歳で年齢は近い。が、ユリの性格や考え方は破天荒。「自分とはかなり違う」と認めた上で「まず女性であるという意識を捨てないと演じられないな」と覚悟した。

《美術学校の非常勤講師、ユリ(永作)は自由奔放に生きていた。19歳の学生、みるめ(松山ケンイチ)は彼女にリトグラフの指導を受けているうちに恋するが、ユリには夫がいた…》

永作が出演を決めた大きな理由の一つは、メガホンを執るのが井口奈己監督だったから。鋭い人間観察眼から生み出される個性豊かな作風に惹(ひ)かれたという。

その井口監督から役作りのため「整体に通ってほしい」と言われた。不思議に思いながらも、撮影前に何回か通うことにした。「女性が脱力したときの表情がどんなものか知っておいてほしいという意図だと気づきました」。その脱力の表情を“武器”に女優としての新たな側面を自ら引き出した。

夫がいながら「自由に恋愛する女性」というと、ともすると、わがままなだけの女性に見えるが-。

「女性がこんな生き方をするのは難しい。嫌みにしか見えないでしょ。それが自由に生きるユリの自然な生き方だと伝えるための演技はかなり難しかったです」と明かす。

「主演のプレッシャーどころではなかった」と言いながらも、「自分の演技で周囲を動かす」という主演の重責を理解し、その役割を果たした永作。彼女を抜擢した井口監督の狙いはここにあったのかもしれない。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080113-00000908-san-ent
[ 2008/01/13 16:28 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。