エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

映画版ホームレス中学生、主人公は小池徹平に決定


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


WaTの小池徹平(22)が、人気お笑いコンビ「麒麟」田村裕(28)の極貧生活を描いたベストセラー自叙伝を映画化した「ホームレス中学生」(今秋公開)の主人公を演じることが23日、分かった。

映画化にあたり、小池の主演を熱望していた田村の夢がかなった形。すでに沖縄県内のオープンセットで撮影に入っている小池は「いい意味で原作のイメージを裏切りたい」と意欲を燃やしている。

イケメンユニットの人気者と、地味な顔のお笑い芸人。似ても似つかぬ2人が、映画の世界で“タッグ”を組む。今回は著者・田村裕の希望が通った形だ。

 「ホームレス中学生」は、田村が極貧の中学生時代の実体験を描き、既に200万部を突破しているベストセラー作品。映画化にあたり田村は、主人公の自分役を「小池(徹平)君に演じてもらいたい」とラブコールを送っていた。

そんな希望もあったが、古厩智之監督(39)はあくまで小池の演技力を買って起用を決めた。「彼なら中学生の心の中を描けると思う」と、小池の持つ多面性に期待した。

小池は草や段ボールを食べたり、野良犬から敵視されるという、これまでにない役を演じる。まだまだ“美少年”で通用する小池には対極ともいえる役柄だが「難しい役ですが、いい意味で原作のイメージを裏切りたいと思います」と役者魂に火がついている。

既にクランクインし、沖縄県内には田村がホームレス生活を送っていた滑り台「まきふん」を含めた通称「まきふん公園」のオープンセットが建てられている。特に滑り台は実物と同じものを、1000万円をかけて再現。そこでたたずんでいると、小池でさえも本当にホームレスに見えてくるという。

ホームレス生活ばかりが注目されがちだが、作品には、兄や姉とのきずな、「解散」宣言した父への思い、救いの手を差し伸べてくれた友人家族の愛情など人々の優しい気持ちがたっぷり込められるという。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080324-00000005-dal-ent&kz=ent
[ 2008/03/24 18:04 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。