エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

高橋克典、日テレ系スペシャルドラマ・課長 島耕作の主演に決定


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


俳優の高橋克典(43)が、日テレ系スペシャルドラマ「課長 島耕作」(6月25日、後9時)に主演することが17日、分かった。人気コミックのドラマ版。

高橋にとって「サラリーマン金太郎」「特命係長 只野仁」に続く“サラリーマンシリーズ”。「団塊世代から若者を含めたすべてのサラリーマンに活力を与え、胸を震わせる作品にしたい」と、おなじみの役で活を入れるつもりだ。

サラリーマン高橋克典が“出世”した。「-金太郎」では平社員を演じ、「-只野仁」では係長に“昇進”、そして今回、課長になった。

「-島耕作」は83~92年にかけて講談社「モーニング」で連載。その後に部長-取締役-専務と島耕作が昇進するたびにタイトルを変えて連載を続け、今年で25周年を迎えた人気作。92年に田原俊彦(47)で映画化、93年から98年に4回、宅麻伸(52)主演でドラマ放送されている。

原作ではバブル手前の好景気社会が舞台。ドラマでは舞台を08年に移し、今の社会問題を含みながら、家族問題も乗り越えていくさまを描いている。脚本は「踊る大捜査線」シリーズなどの君塚良一氏(49)が手掛ける。

今や「サラリーマン役=高橋克典」といえるほど、ハマリ役続き。今作も、高橋が佐藤敦プロデューサーとほかの作品で仕事をした際に「ぜひ、島耕作をやりたい」と直談判してドラマ化が決定。高橋は「“日本一有名なサラリーマン”ともいわれるキャラクターだけにプレッシャーを感じるが、それ以上にやりがいも覚える」と意気込む。99~04年に連続ドラマとして第4弾まで放送された「-金太郎」では、コンスタントに視聴率20%超を記録。03年から第3弾まで放送されている「-只野仁」でも、ナイトドラマとして異例の平均視聴率12%と、サラリーマン役でいずれも高い数字を記録している。

「-金太郎」「-只野仁」ともに連ドラでシリーズ放送されたほか、映画化も。それだけに「-島耕作」も単発放送だけにとどまらず、今後、連続ドラマ枠への“昇進”も十分にありそうだ。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080418-00000030-sph-ent
[ 2008/04/18 18:21 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。