エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

萩本欽一、24時間マラソン完走も


完走よりもご無事だった事がうれしい。
ただ、いくらなんでも無理があった企画だと思う。
周囲を心配をさせて注目を集めるチャリティー番組ってどうなんだろうなぁ。


日本テレビ系で放映された『24時間テレビ 30 愛は地球を救う』(8月18日午後6時30分から19日午後8時54分まで放送)で、番組史上最高齢の66歳でチャリティーマラソンランナーを務めた萩本欽一が19日(日)午後9時5分、スタート地点から日本武道館までの70キロを完走した。

惜しくも同番組の放送時間枠内のゴールとはならなかったが、その模様は直後の『行列のできる法律相談所』の番組内で生中継された。欽ちゃんファミリーをはじめ、会場を埋め尽くした人々の大歓声に迎えられた萩本は、足元がふらつきながらも自らの足でゴールを踏みしめた。

直後、スタート時にスターターを務めたコント55号の相方・坂上二郎と手をとりあい「泣けちゃった・・・幸せだよな」と笑顔で語った。会場では坂上の音頭で万歳三唱が行われ、番組パーソナリティーの黒木瞳は「たくさん感動を頂き、ありがとうございました」と感極まった。また、タカアンドトシは「すごい物を見させてもらいました」(トシ)、「僕も欽ちゃんみたいになりたいです」(タカ)とコメント。芸人の大先輩の偉業に敬意を表した。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070818-00000000-oric-ent
[ 2007/08/19 22:49 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。