エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

清純派石原さとみ、舞台・幕末純情伝で大胆演技


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


女優、石原さとみ(21)が沖田総司を演じる主演舞台「幕末純情伝」の最終通しけいこが12日、東京・新橋演舞場で行われ、めくるめくエクスタ“シーン”を披露した。坂本龍馬役の真琴つばさ(43)をはじめ、共演俳優の上になり下になり、はては、胸をもまれ、股間に顔をうずめられ…。製作発表時、演出のつかこうへい氏(60)が「淫乱な顔」と評した“新たな一面”をいかんなく見せつけた。

清純派で知られるさとみが、つかマジックでこれほど変わるのか。

1幕目からアクセル全開だ。裾さばきも気にせず、着物姿で刀を振り回し男たちを斬りまくる。

真琴扮する龍馬とのキスシーンでは、いやいや唇を合わせる龍馬に「舌入れんかっただろ! わたしは舌を入れてもらえない女なんだ!」とすね、「子供作らねーか」とねだってみせる。

さらに、龍馬の暗殺を依頼した秋月兼久(武田義晴)に、浴衣の上から左胸をもまれ、秋月の顔が徐々に下半身に下りていくと、恍惚の表情を浮かべる。「感じやすくて悪いか!」と啖呵を切る姿も美しい。

圧巻は4人の男と次々と絡み合い、あえぎ声をあげながら、刺し殺す場面。「アッ、アッ」と漏れる声は、これまでのさとみのイメージをがらりと変えた。

「幕末純情伝」は、新撰組の隊士、沖田総司が女だったという大胆な設定で幕末の志士たちを描くつか氏の代表作。つか氏の演出は18年ぶりだが、自ら再び演出を手がける原動力となったのが、さとみの存在だ。

つか氏は6月の製作発表でさとみを「この人とやりたい。この人となら心中してもいい」と絶賛。「ひとつ間違えたら、淫乱な顔をしている」と“清純派”の陰に隠れた別の面を引きだそうとたくらんだ。

上演前に、会見したさとみは、つか氏の厳しいけいこを振り返り、「けいこはものすごく楽しかったです。一生懸命生きている充実感がありました」と晴れ晴れとした顔。真琴は「エクスタシーの女を演じてます」と頑張りをたたえ、高杉晋作役の吉沢悠(29)も「ここまで体当たりでやるとは」と舌を巻いた。

「やるからにはとことんやらせてもらいます」とさとみ。その言葉通り、思う存分、“エロチック派”に変身している。公演は13日から27日まで、同劇場で。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080813-00000030-sanspo-ent&kz=ent
[ 2008/08/13 15:30 ] 俳優・女優 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。