エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ザ・ベストテンがコンピレーションアルバムに


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


タレントの黒柳徹子(75)と久米宏(64)の司会コンビで最高視聴率41.9%を記録した伝説の音楽番組「ザ・ベストテン」がCDでよみがえることが4日、分かった。

4月22日に発売され、6枚に100曲以上を収録する豪華盤だ。放送を開始した1978年から8年間の年間1位を網羅。2人のオープニングコールや順位発表の効果音も聴け、あなたを昭和50年代にタイムスリップさせる!!
毎週木曜夜9時は、必ずテレビの前に陣取っていた。あの名曲、名フレーズは今も耳に残る-。

1978年1月19日から89年9月28日まで放送され、最高視聴率41.9%、オンエア回数603回、出場歌手は400組。お化け番組の異名を取った「ザ・ベストテン」が、コンピレーションアルバムとなって帰ってくる。

“復刻盤”は、黒柳と当時TBS局アナだった久米が司会を担当していた78~85年のヒット曲を、オリジナル音源でコンセプト別に6枚に分けて収録(各2500円)。8年間の年間1位を網羅しており、その曲数は100曲以上に及ぶ。

さらに、司会の2人がオープニングで「ザ・ベストテン!!」とコールする掛け声や、ランキングボードがパタパタとめくれる効果音まで再現。当時の音楽番組としては画期的で、莫大な制作費を投じて作られた、スタジオセットの美術デッサン画も初公開される。

同番組のコンピ盤化は多くのレコード会社が何度も企画を立てたが、TBS側は“門外不出”として許諾しなかった。だが、放送開始30周年を迎えた昨年末に、番組プロデューサーだった山田修爾氏(63)が著書「ザ・ベストテン」を出版。その歴史を綴ったことで、CD化も実現した。

ようやく認可のおりた逸品は、レコード会社の枠を越えて制作された。ソニー・ミュージックが78~79年編と、ブレーク前の注目曲を紹介した人気コーナーの「スポットライト」編、ユニバーサルミュージックが80~81年編、ビクターエンターテインメントが82~83年編、ポニーキャニオンが84~85年編、コロムビアが演歌を中心とした歌謡曲編を発売する。

制作サイドは「伝説の偉大な音楽番組を冠してのCDですので、当時を懐かしんでもらえるように作り込んでいます」と意気込んでいる。30~50代には待望のコンピアルバム誕生だ。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000022-sanspo-ent
[ 2009/03/05 12:05 ] 音楽・ミュージシャン | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。