エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

芸能人に関するニュースを銀行にお金を預けるような感覚で貯めていきたいと思います。-エンタメスクープバンク・芸能情報銀行

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

座頭市、主演に香取慎吾が決定


今回取り上げることにした注目記事はこちらです。
詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


SMAP・香取慎吾(32)が映画「座頭市 THE LAST」に主演することが16日、分かった。

盲目の侠客・座頭市を夫婦愛や友情を交え描く。勝新太郎さんが演じ人気シリーズとなったが、座頭市の権利者は今作を最後の映像化にする意向。香取は約10か月にわたり殺陣を特訓中で、居合斬りでは刀が風を切る音がするまでになった。阪本順治監督(50)のメガホンで来年公開予定。世界公開を目指している。

香取は「自分が座頭市になるとは思ってもいませんでした。本当にうれしいです。勝新太郎さんが演じられた偉大な役、座頭市に挑戦できる喜びが大きいです」と語る。

座頭市といえば“勝新”。1962年の映画「座頭市物語」で始まり映画は26作、ドラマは100本。2003年には北野武監督(62)が映画化しベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝いた。映像化の権利を持ち今作に企画で参加するセディック・インターナショナルの中沢敏明プロデューサーは「この先いかなるメディアでも『座頭市』を映像化することはしない」とコメント。香取が原作の座頭市に近く、最後を任せることを決めたという。従来の孤高のイメージを覆し、故郷の妻や友人との愛情、きずなを持つ新たな座頭市を描く。

香取の見せ場は「仕込み杖(づえ)」から繰り出す素早い居合斬り。昨年6月から約10か月、殺陣を特訓。阪本監督は「腰の据わり方、重心を下げたときのさまが素晴らしい。今は刀を振ると風の音がします」。撮影は15日にスタートし、香取は全編を目を閉じて演技。抜刀や納刀に現れる座頭市の悲しみや、妻への愛などこまやかな感情を全身で表現する。

香取は「気合は十分過ぎるほどです。クランクインから『座頭市』の最後を締めくくれる気がしました」と手応えを口にした。阪本監督とは初タッグで、10か月前から2人で役を練り上げてきた。阪本監督は「目をつむった瞬間、座頭市になっている」とたたえた。クランクアップは6月上旬の予定。北野監督の「座頭市」を配給した仏の「セルロイド・ドリームス」の出資が決まり、来年のカンヌ国際映画祭の出品と世界公開を視野に入れている。

◆映画「座頭市 THE LAST」 市(香取)は妻・タネのために、人を斬ることはやめ平穏な暮らしをしようと故郷に帰る。だが、故郷の村は非道な天道一家に牛耳られており、村民から助けを求められる。仕込み杖を再び手にした市だが、過酷な運命が待ち受ける。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090317-00000038-sph-ent
[ 2009/03/17 14:31 ] テレビ・映画 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR

「毛髪医学」から誕生した飲むヘアケアサプリメント!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。